一、遥かなる未来に届く事業を創ります。
どんな未来がやって来るのかを想像し、自分たちの仕事が未来に通用するかを常に深く考えましょう。そこで存在できるものこそが今すべき事業です。過去をなぞっても新しいものは生まれません。未来に届けられる会社を創りましょう。

二、社会的責任を全うします。
会社は社会の一構成要素としての社会性を認識し、さまざまなステークホルダー(利害関係者)の要請に応えながら、社会の維持・発展に貢献していきます。

三、進化し続けます。
経済環境の変化に柔軟に適応する組織を形成し、「創意工夫」と「自己改革」を組織のDNAとして組み込んだ自己進化していく企業であり続けます。

四、人間性や心の豊かさを追求します。  
従業員、家族、顧客、社会のみんなに喜ばれる価値ある会社を目指し、心に豊かさが芽生え、暮らしが潤いに包まれる会社と社会づくりに尽くします。